転勤でマンション貸したい!?賃貸オーナーになりました

維持するためにマンションを貸したい

マンション貸したいマンションを貸したい人必見

マンション購入後に会社が破綻し転職することに | 維持するためにマンションを貸したい | 家賃で住宅ローンを支払い且つプラスαも | いずれ帰ってくるのでマンションを売却せずに貸したい!

当時は、どうすれば良いのか困惑していた時ですから、少々冷静になれずにローンの支払いと家賃の支払い、両者の出費があることだけが頭の中に過ってしまったのではないかと感じています。
マンション貸したい人、マンション借りたい人、需要がある時代ですから賃貸として貸し出せば借り手が付くことは不動産会社の担当者から教わりましたし、新築から1年程度しか経過していない物件ですから家賃も高めに設定しておいても借り手は付きやすいことを教わりました。
マンションの場合は、毎月の家賃だけでなく修繕積立金や管理費などの支払いも考えておかなければなりませんので、これらを含めるとかなりの金額になってしまいます。
修繕積立金は月額約3,000円、管理費は約15,000円ですから、これらを家賃に加算した金額で設定が必要でした。
毎月のローンの支払額は約12万円、家賃を12万円にしていたのでは管理費と修繕積立金は自腹が必要ですから、少なくとも家賃は管理費込みで14万円は欲しいと考えていたのです。
自分が仲介に利用した不動産会社は地域密着型の営業スタイルを持つ会社で、家賃相場にも精通しており、希望額を提示したところ、この物件なら家賃は16万円でも借り手が付くとのことでした。